毛母細胞とは何か
メニュー
毛母細胞を破壊する脱毛
毛母細胞のヘアサイクル
本当の脱毛とは?
毛周期と毛母細胞の関係
毛母細胞のメカニズム
永久脱毛と毛母細胞
女性ホルモンと毛母細胞

毛母細胞が毛を作る仕組みについて

 毛穴の最底部には皮膚が小さく盛り上がった突起状の組織があり、毛乳頭と呼ばれます。これは皮膚の一部ですから毛細血管が通っており、毛に栄養を運ぶ大切な役割を果たしています。 そしてこの、毛乳頭の周りを取り巻くように存在しているのが毛母細胞です。字が示すとおり、これは毛を作り出すもとになる細胞です。毛母細胞は毛乳頭から栄養を受け取り、細胞分裂します。分裂を繰り返して細胞が増えるにしたがって、作られた毛は上に押し上げられます。そして毛穴の中にあるため、毛母細胞は自然に細長い形を形成しながら上に向かって伸びて行き、かつ、じょじょに角質化して、わたしたちが普段目にする毛の形になるのです。 ムダ毛を脱毛処理する場合は、これらの組織にダメージを与え、毛を作る機能を止めることが必要になってきます。レーザーやフラッシュ、ニードルを用いた脱毛は、すべて、毛母細胞に熱を加えてタンパク質を凝固させ、機能を弱らせるという仕組みです。しかし、毛母細胞の生命力はわたしたちが想像する以上に強いものです。レーザーなどはかなり高い熱を加えることができるのですが、一度機能を失っても時間がたつと再び毛を形成することがよくあります。この再生力の高さが、永久脱毛のネックになります。

毛母細胞を抜くことはできるのか

 ムダ毛を毛抜きで処理している方も多いと思います。でも、何度抜いてもまた生えてきますよね。「毛抜きでは永久脱毛はできない」というのは常識です。でもそれはなぜなのでしょうか。 答えは、皮膚の表面に伸びている毛を抜き取っても、毛穴の中に毛母細胞が残っているためです。毛母細胞は簡単に言うと毛を作り出す元になる細胞で、毛乳頭という、皮膚の小さな突起状の組織に結合しています。毛乳頭から血液と一緒にタンパク質など毛の生成に必要な栄養素をもらい、細胞分裂することで毛を作っています。 毛母細胞と毛乳頭はかなりしっかりと結合しており、毛が引っ張られても毛母の上から毛がちぎれるようになっています。ムダ毛が生えないようにするには、毛母細胞と毛乳頭を熱処理し、主成分であるタンパク質を凝固させて機能を失わせる必要があります。レーザー脱毛やニードル脱毛など、永久脱毛と呼ばれる施術は、しくみはそれぞれ違いますが、みな毛根に熱を加える方式です。 ワックス脱毛は、繰り返し使用するうちにムダ毛を薄くすることができるといわれます。確かに、乾燥など、肌や毛の組織が不健康な状態になっているときに抜くと毛母細胞も一緒にちぎれることがあり、そこは毛が生えなくなります。しかし毛を抜くのは肌や毛穴を傷めてしまうリスクも高く、あまりおすすめできる方法ではありません。

毛母細胞を破壊する方法

 毛母細胞とは、毛乳頭周辺の細胞組織のことであり、血液から送り込まれていた栄養分を補給して細胞分裂を行い毛を作り出します。毛母細胞を破壊することによって、細胞分裂が行えなくなり髪の毛を作り出すことができなくなります。脱毛で行われるレーザーや電流による施術は、毛母細胞を破壊することを目的に行っています。細胞分裂を行うことができなくなってしまえば、無駄毛が再び生えてくることはなくなるからです。毛には成長期、退行期、休止期という成長サイクルがあります。医療用レーザー脱毛は、レーザーを毛に含まれているメラニン色素に吸収させて熱作用を起こし、細胞組織を壊すという内容となっています。成長期の毛にはメラニン色素が多いために、レーザー施術を行ったことによって成長期の状態の毛根は壊されることになります。メラニン色素の少ない退行期とメラニン色素がない休止期の状態の毛根に対しては、レーザーは効果は発揮されないので、成長サイクルに合わせて複数回の施術が必要となっています。また、VIOライン脱毛などのデリケートな部分の処理は結構な痛みが走る場合があるので医療レーザー脱毛をする時は注意が必要です。



更新情報


TOP PAGE

© 2016 All right reserved :毛母細胞とは何か
白鳥自動相互リンク集 SEO対策に最適な自動相互リンク集 seo.awk.jp 驚愕頭部 ライブチャット 主婦の在宅ワーク